平成30年1月からの大雪の記録

平成30年2月、北陸を襲った未曾有の大雪。和雪庵を開庵して初の冬に経験した雪の記録を残しておく。

1月10日、雪が積もり始める

この日、低気圧が発達しながら日本海側を通過。大陸から冷たい空気が流れ込み、白山市松任地区近郊も雪模様になった。だがこの程度の積雪は前年12月にも数回あり、この時は大事になるとは努々思わなかった。

引用元:気象庁過去の天気図(1日表示)

1月11日、積雪約10㎝

午前中は前日の雪が残り、玄関前も雪化粧という言葉が似合う感じ。その後も降ったり止んだりを繰り返し、夜10時頃には10㎝程度の積雪になった。

その後も夜通し雪は降り続けた。

1月12日積雪約40㎝

翌朝起きてみた玄関前。(一部除雪済み)降り続けた雪は積雪約40㎝。さすがに少し焦りはじめたが、この後倍以上の積雪が2月にやってくるとは思ってもいなかった。

積雪量は白山市松任地区では数年ぶりとのこと。(近所・談)

中庭も屋根からの落雪も含み、かなりの積雪に。
深夜は風が強く、壁面に付着した雪から猛吹雪だったことがうかがえる。

駐車場も一面雪に覆われ、車が出せない状態になる。

1月13日、天候回復

太陽が出て気温が上がる。雪下ろしなどの作業はせず。

天気図的には等高線が開き、安定した天候になる。

1月14日、気温が上がる

物置屋根からの雪が垂はじめる。この屋根に登れないため、下から雪羽根で突き崩す。
また午前中から車を脱出させるため、駐車場の除雪を開始。午後4時までかかりなんとか動かせる位置にまで脱出を成功させる。

この後天候は安定するものの、しばらくは雪に閉ざされることとなる。
なお脱出後、すぐに食糧の備蓄買い出しに出かけたため、除雪後の写真は撮影していなかった。

1月27日、和雪庵内覧会開催

この週は1月22日に東京で積雪20㎝を越える日があったものの、白山市松任地区では大きな積雪は無かった。(1月22日天気図/下図:日本経済新聞オンラインより引用)

和雪庵を近所の方を中心に内覧会を開き、明治時代に、近所の方のお祖父さんが建てられた建物であることが判明し、現在4代目の家主となったことがわかった。

この日午前9時頃の気圧配置と駐車場の様子。

1月30日、松任地区、街の様子

雪が残っているところもあるが、概ね溶けてきており、歩くことも楽。

1月31日、東京へ

新幹線で東京へ行くため、始発のJRに乗るため松任駅へ。
線路が雪に覆われている程度の積雪。

ここまでで数年ぶりの大雪は一端の区切りを見せる。これで終われば良かったのだが、本番は2月に入ってからである。

1 2 3

シェアする

Return to Top ▲Return to Top ▲