平成30年1月からの大雪の記録

2月3日、新たな看板娘のお迎え

節分を迎え、のの様の妹にあたる看板娘が京都から到着。(流通関係に問題は無し)

2月4日、再び雪が降り始める

2月4日午前0時頃から雪が降り始める。そのまま昼まで降ったりやんだりを繰り返す。
写真は正午頃の様子。天気図でも低気圧が多く発生。北海道南部、日本海側の低気圧が停滞をはじめる。

2月5日、雪が降り続ける

午前中から降り続く雪のため、深夜には積雪が一機に増える。
写真は午前9時頃の玄関前。

同時刻、駐車場。

この時間帯の天気図。

ただこの時点では、食糧の備蓄も十分あり、さほど危機感は無かった。

午後を回ったところでWeatherNewsから警戒情報。

夕方を回ったところで大雪警報が発令されたことに気がつく。
(白山市から警報発令のメールは届かず)

夜10時に白山市から大雪の情報。


白山市 【気象情報】
18年02月05日21時44分 
金沢地方気象台発表
大雪警報(継続)

府県予報区の警告文【警告】
石川県では、6日昼前まで大雪に警戒してください。能登では、6日夕方まで高波に警戒してください。
<継続>大雪警報
<解除>風雪注意報
<継続>雷注意報
<継続>波浪注意報
<発表>なだれ注意報
<継続>低温注意報
<継続>着雪注意報
[雪]
6日夜遅くにかけて。以後も続く
平地の12時間最大降雪量30cm


写真は深夜11時の玄関前。

2月6日、北陸本線金沢-敦賀間全線運休

天気図の大きな変化無し。
雪の影響で北陸本線、北鉄、北鉄バスなど全て運休。
北陸道も小矢部-福井間通行止め。

朝の玄関前。

雪は小康状態だったので、除雪開始。

和雪庵前の市道。

駐車場の様子。(上/朝8時・下/午前10時、雪かき後)

屋根上の積雪。

中庭。

福井で大雪による車両の立ち往生が発生。国道8号が通行止めの一報。

午後になって災害級規模に。

(引用:福井新聞オンライン

当日の福井市Webサイトのトップ画面。いかに緊急だったかがうかがえる。

福井が大雪になっている中、和雪庵では給湯設備「エコキュート」室外機周りの除雪を開始。この時点ではまだ裏側にも雪が残っている。

正午くらいの白山市積雪量。和雪庵のある地域は積雪1.5m。

当日夕方の白山市内(松任地区)の様子。裏路地は車一台分。歩道は一人しか歩けない。

上の写真を撮影してから1時間後の駐車場の様子。すでに積雪している。

同時刻で翌日の北陸本線金沢-敦賀間の全線運休が決定。

22時での金沢市積雪量。(金沢まちゲーションTwitterより)

深夜24時の玄関前の様子。

1 2 3

シェアする

Return to Top ▲Return to Top ▲