情報発信がうまくいかない企業におすすめのひとつの方法

LINEのInterfaceは基本的に「個人」対「個人」でできている。吹き出しと顔アイコンの組み合わせがそれだ。

参考画面:LINE公式ブログより引用

このInterfaceの良い部分は、一対一で会話をできることにある。反面、一対多という場面において、第三者は会話に入りにくい。まして相手が経営者だと萎縮してしまい、会話にはならないだろう。LINEはカスタマー向けであり、電話サポートの代わりと考えた方が良いだろう。対してslackやWorkplaceのInterfaceは一対多を想定している。

参考画面:slack公式サイトより引用
参考画面:Workplace公式サイトより引用

WorkplaceのInterfaceは基本的にFacebookと同じである。多少内部向けにデザインが変更されたりしているため、全く同じではないが、使い方は変わらない。slackはシンプルに「チャンネル」と「タイムライン」だけにわかれており、さらに「スレッド」というある発言に対してさらに深く議論を進めるための「サブタイムライン」画面がある。Workplaceもslackもタイムラインを眺めるだけでも大ざっぱに空気を掴むことができ、会話に入りやすい。比較的フラット(役職などを気にしない)な雰囲気なので、情報を投げたあともフォローがしやすい特徴がある。

なにより、双方ともチャンネルをまたいで過去検索をすることも可能であり、会話にハッシュタグを使っておけば、まとまった検索結果を得ることができる。

またslackもWorkplaceも少人数なら無料か少額で利用できるため、コストもさほど重くならない。またスマホでもデスクトップでもタブレットでも使うコトが可能なため、チャンネルをうまく使い分ければ、外回り中でもイベント中でも、ちょっとした時間に書き込めるので、比較的リアルタイムな運用も可能だ。

社外と社内の切り分け

Workplaceは、基本的に同じドメインを持つメールアドレスのメンバーしか登録することができない。slackはその逆でそうした制約はない。
どちらも一長一短だが、そこは使い分ければ良い。
Workplaceには「外部メンバーを登録できるグループ」を作ることができ、そこであればドメインに縛られないメンバーを招待することが可能である。slackはその逆で、招待しないと入室できないチャンネルを作ることが可能だ。

ここで大切なのは「自社外の意見をどのように取り込めるか」である。

この観点から考えれば、Workplaceは使いやすい。グループ単位で外部のメンバーを管理できるため、内部だけで共有したい情報と外部メンバーも含めて共有したい情報を切り分けられる。

今までの感覚から、情報を得たら外部と共有するという考え方はなかった。自社内で消化し、対応するためにのみ使われてきた。しかし近年、情報はできるだけ広く共有した方が課題抽出や問題解決もスムーズに進み、同じ情報を共有することで、棲み分けや役割分担はもとより、仲間意識が芽生えることで製品やサービスの事がメディアを通じなくとも広まっていく傾向が見られる。

このため、ある程度まで開発した製品をα段階として公開し、外部の力を借りながら仕上げていくといった従来では考えられないフローが生まれたりする。大企業ではなかなかできないが、DMM.comなどはこうした仕組みをうまくつかって自社リソースを拡大している。

先の例で、イベントや展示会で聞いた話の中から、公開しても問題ない話(そもそもそうした場で話しているのだから、殆どの場合公開して問題はない話が多い)を外部と共有することも大切だろう。たとえそれが製品やサービスにとって都合が悪い話であっても、場合によっては社外メンバーにも共有することで違った視点を得られる可能性もある。逆に指摘された部分を強化し、強みに転じる場合も考えられる。完璧な製品ほど興味を引かないモノはないのだ。何かしら足りていない方が共感を得やすい。

本当の「情報」を「編集」

ここまでの流れで、本当の「情報」とは何かが見えてきたはずである。少なくともWorkplaceやslackを利用して、外部の意見も取り入れながらある一定の方針を決めた部分に関して、Webサイトに載せるべきだし、そうしたプロジェクト(そこまでいかなくとも半公開アイデアソンのようなものでも)を開催していることを掲載するのも効果的だろう。

課題を共有し、一定の解決方法を模索し、最終的にモノやサービスを提供できる体制を持つことはとても強い。マーケティングといった、大ざっぱな数値に振り回されることなく、自社の強みを発揮していける環境を作ることができる。

ここで大切なのは「タイムラインに流れる情報」から取捨選択し、簡潔にまとめられる「編集力」だ。この編集力にはタイムラインの流れをコントロールするファシリテータ的な役割も必要である。こうした業務を任せられる人を見つけられれば、飛び込み外回りといった移動に無駄な時間を費やすことも少なくなる。

こうしたレポートは、そのまま求人時の判断基準となる。大手企業のようなネームバリューがなくとも、プロジェクト単位で何かを動かしている企業だと言うことが判ると、今時の動きでもあるので注目されるだろう。(アジャイル開発に近い)

いつまでも「お問合せフォーム」が入り口だと思っているのなら、考え直した方が良い。時代が移り変わっているというのは、今まで提供のみしていた製品やサービスから、ともに作り上げる製品やサービスへと変化しているということである。

1 2

シェアする

Return to Top ▲Return to Top ▲