経営に活かすGoogle Analyticsの役立て方

アクセス解析で[数値]は見ない

いまだウェブ・サイトは[広告]だという認識が強いがその認識は大いに間違いである。ウェブ・サイトは[センサー]であり[個別にカスタマイズできる狭告]でもある。

言葉の使い方も間違っており、[ホームページ]と使ってしまっている時点で[ホーム=家=囲まれたパッケージ]と連想している。その結果[各頁=個別の部屋]と認識し[領域]を作ってしまう。さらに[部屋]は複数存在することはなく、[唯一頁信仰=似たような内容の頁は存在してはならない]が発生する。どこの誰かはわからないが、[同一内容の頁が複数存在する場合Googleがスパムと認定する]というまことしやかな都市伝説も流布している。その結果、会社案内パンフレットと何ら変わらない情報がオンライン上に存在することとなる。

にもかかわらずアクセス数が増えないことに悩んでいる企業は一定数存在する。

アクセス数という[量]に注目したくなるが、常時からアクセス数が少ない企業サイトにおいて重要なのはそこではない。Analytics画面の[行動][行動フロー]こそ注目してほしい。

この図はサイトにアクセスした人がどこから入りどこから離脱したのかを表している。プルダウンスイッチでランディング(最初に入った頁)やその一つ前の頁を選ぶことができる。ここで大切なのは[どの頁から入っているか]である。よくサイト内を巡回してもらいたい話は聞くが、間違いなく幻想である。

ウェブ・サイトをセンサーとして考える

別の記事でデーターの自動収集について書いたのだが、なにも特別な機器を用いなくともセンサーの代わりになるものはたくさんある。ウェブページもその一つであり、Google Analyticsという高性能なデーター収集の仕組みを使うことができる。ここで大事なのは[データー収集の意義]であり[仮説を立てること]である。仮設を立てるとき、たたき台として使うのが現在存在しているウェブ・サイトとそのアクセスデーターである。

行動フロー図を見て考えてもらいたいポイントは[どこから来たのか]と[どのくらい滞在したか]である。展示会などで配布する印刷物にウェブ・サイトのトップページへアクセスする情報はよく掲載しているが、展示会ごとまたは配布物ごとに専用ページを用意し、アクセス先をQRコードや一意のアクセスキーワード、URLなどで誘導すればダイレクトに該当ページへアクセスしたことがわかる。印刷物側とアクセス先頁に工夫をしておくことで、仮説の結果を得られる。滞在時間は頁側の工夫で仮説予想が立てられるため、どのくらい興味があるのかなどの指針となる。同様のことは名刺でも可能であり、会社案内なども学生用や外部業者用など目的別に制作しておけばデータを得ることができる。

仮説を検証し、経営に活かす

仮設を立てデーターで検証することを繰り返すことで、企業哲学と照らし合わせることができる。ウェブ制作会社ではここまで突っ込んでコンテンツを企画することは少ない理由に手離れが悪い事が考えられる。つまり制作会社に丸投げではセンサーとしてウェブページを使うことはできない。また別記事でも書いたが、数値のしきい値をみつけるだけの作業から導き出す仮説だけでは不足するものがある。必ず自らも考え、企業哲学や自らの哲学に沿った仮設を立てていく必要がある。

シェアする

Return to Top ▲Return to Top ▲