デザインを考える上でも重要な茶の湯の歴史をアバウトに振り返っておきます

茶の湯といえば古田織部・小堀遠州・片桐石州の3人を外せません

15世紀〜16世紀前半くらいまでの間で『茶の湯』は一気に形成され、秀吉によって『千利休』が茶の湯の結束点のように語られるようになり、茶の湯と茶道具の価値が一気に向上しました。しかし利休は侘数寄を好んでおり(参考:山上宗二記)、茶室の作りや道具類の収集に関して秀吉と意見が合わなかったとかなんとか。ドラマや映画になって有名なので詳細は割愛しますが、その顛末は歴史的にもドラマ的にも有名なあの利休の急逝へとつながるわけです。その没後、茶の湯を支えたのが漫画『へうげもの』で有名な古田織部(美濃)です。

利休の茶の湯が『整ったデザイン』の道具を好んで、小さな空間で僅かな光の空間演出をしたのとは対象的に、織部の茶の湯は『作為の上になお偶然が作り上げるデザイン』の道具を好んで、明るく開放的で落ち着いた空間演出をしています。ちなみに『織部茶碗』が有名ですが、史実上どのように関わったのか不明で、デザインが評価されたのは近代に入ってからです。おそらく、柳宗悦の『民藝運動』も大きく影響しているのだと思います。(参考:茶と美/講談社学術文庫)利休を師とする織部ですが、この頃はまだ各々の好みを美とする傾向にあったのでしょう。織部もまた、利休と同じよう切腹を命じられ亡くなっています。

そして織部を師としたのが小堀遠州。遠州ですが、近江の人です。静岡は直接関係ありません。(駿府城絡みではありますが)そして部類の庭マニアとして有名です。(気品と静寂が貫く綺麗さびの庭 京都通信社)『綺麗さび(綺麗さびの極み/新潮社)』の代表格みたいな烙印が押されていますが、この呼び名もまた近代です。柳宗悦がチラチラします。あくまでも当時の人の言葉ではないので注意です。近江の遠州ですが、王朝文化を取り入れた武家茶道を組み立てた人で、今で言うアートディレクターのような存在の人です。室内空間から庭園、小物に至るまでその組み方を考た茶の湯を生み出しました。

最後に片桐石州。道安(利休の子)の弟子、桑山宗仙の弟子(つまり道安の孫弟子)にあたり、遠州没後、武家茶の第一人者となります。その後石州の茶系は武家に広まり、大名家の茶道方として石州の弟子筋が多く関わったことから江戸時代に最大流派となります。石州流の著名人としては松平不昧、井伊直弼が上げられます。

遠州の直系一族は滅んでしまいましたが、町人対象の千家の茶とは別に、武家茶として『遠州流』『石州流』として現代まで残っています。